質問
翻訳管理システム(TMS)の機能について徹底解説します。翻訳管理システムを使って多言語のオウンドメディアでマーケティングを行なうことで強化できる6つの理由を紹介します。

みなさんは以下の事実をご存じですか?

  • 日本語がわかるネットユーザーはわずか2.5%
  • ネットユーザーの英語話者の割合は25%

英語のメディアをつくることで、日本語の10倍のユーザーにリーチできます。
さらに多言語のメディアを作ることができれば、その何倍の巨大な市場にチャレンジできるでしょう。

ローカライゼーションしよう

多言語メディアを構築する際は翻訳だけでなく、ターゲット市場の文化、スタイル、人々の関心を考慮したローカライゼーションが大切です。
ローカライゼーションでは、新しい顧客の共感を得られるコンテンツの制作すべきです。
メディアを別の言語にローカライゼーションすることで、新しい市場への進出、ブランドの認知向上、見込み客との信頼関係の構築できます。

翻訳管理システム (TMS)とは?

翻訳管理システムはTranslation Management System (TMS)と呼ばれるシステムです。
翻訳作業の管理、自動化、追跡を一本化したプラットフォームとして、スムーズなローカライゼーションを進行をサポートします。

コンテンツマーケで翻訳管理システムを使うべき理由は?

コンテンツ・マーケティングで翻訳管理システムをつかうべきポイントを紹介します。

  1. 手作業が減り、スムーズにコミュニケーションできる
  2. 使いやすく、習得しやすい
  3. 翻訳での繰り返しの作業を取り除ける
  4. 費用対効果が説明できる
  5. ベストなワークフローを構築できる
  6. クラウドベースのシステムを使おう

1. 手作業が減り、スムーズにコミュニケーションできる

チームでローカライゼーションを行なう場合、翻訳用コンテンツをアップロード・ダウンロードしたり、進捗モニタリング、メールなどでのコミュニケーションが必要となります。
手作業の業務はあなたの時間と集中力を奪ったり、作業のスタックを発生する可能性があります。
翻訳管理システムを導入することで、人手の作業時間や反復作業を大幅に減らすことができ、自動化でスムーズなプロセスを構築できます。
コンテンツ管理、タスク管理、翻訳管理をシームレスに行えるシステムを採用しましょう。

2. 使いやすく、習得しやすい

新しいツールを導入するときに大切なポイントの一つは『使いやすさ』です。
導入したばかりのツールの活用には習得時間が必要となります。
シンプルで実践的なUXを備えたサービスを選び、ストレスなく短時間で習得できるツールを選びましょう。

3. 翻訳での繰り返しの作業を取り除ける

翻訳管理システムの機能、翻訳メモリ(TM)と用語ベース(TB)によって、翻訳での繰り返しの作業を取り除くことができ、ローカライゼーションの効率をアップできます。

翻訳メモリ(TM)

翻訳メモリ(TM)』は過去に翻訳されたテキストのセグメントを保存したデータベースです。
似たような内容のテキストを頻繁に翻訳している場合、TMはこれらの類似したセグメントを検出し、自動的に再利用してくれます。
あらゆる翻訳業務の品質、スピード、一貫性、効率性を劇的に向上させます

用語ベース(TB)

用語ベース(TB)』とはスローガンやタグライン、製品の特徴など、企業に関連する用語で構成された多言語データベースです。
翻訳者やその他の関係者が業界や標準化された用語を使いやすくしてくれます。
承認済みの用語集を作成して組織全体で共有できるので、より多くの作業を短時間で行い、すべての翻訳に一貫性を持たせ、コストを削減できます

4. 投資対効果が説明できる

投資対効果(ROI)をダッシュボードで確認、分析を行なうことで、PDCAによる改善やレポーティングの効果を高めることができます
以下はレポーティングの一例です。

  • ローカリゼーションのコスト( 案件、ワード数ごとにコスト)
  • メディアの成果(検索順位、PV、問い合わせ、ユーザーフィードバック)
  • 担当者ごとの進捗状況やレスポンス状況
  • 費用対効果(ROI)に関する経営層向けのビジュアルレポート

5. ベストなワークフローを構築できる

ローカライゼーションのワークフローをチームに合わせて調整できることは重要なポイントです。
社内チームや外部のベンダーとリアルタイムで連携でき、いかなる規模のチームに対しても最適に拡張できれば、チームのベストパフォーマンスを引き出すことができます
ワークフローを構築する際に重要となるポイントは次の2点です。

  • チーム、翻訳者、ベンダーとの間で、スムーズかつ安全に翻訳プロジェクトを共有
  • プロジェクト管理機能で、翻訳プロジェクトを複数の言語で迅速かつ簡単に管理

6. クラウドベースのシステムを使おう

クラウドベースのシステムなら、いつ、どこで、どのように仕事をするかを選択できるようになり、貴重な時間を節約できます
クラウドベースのシステムにおいて重要なポイントは次の点です。

  • 翻訳専用のエディタが完備されれている
  • 翻訳のレビューを効率的に行える
  • スマートフォンから効率的なプロジェクト管理できる
  • リアルタイムに翻訳内容やレビュー内容を確認でき、同時に編集できる
  • チームメンバーへの自動通知機能でコミュニケーションが円滑に行える

これらを満たすことで、チームでの生産性や一貫性を大幅に向上させ、プロジェクト管理を効率的に行なうことができます。

「ローカライズ」でビジネスの勝機をつかもう

多言語オウンドメディアは、世界中の潜在顧客に認知獲得やファン育成まで、すべてのフェーズで顧客とのつながりの強化できます。

弊社ではオウンドメディアのローカライズを劇的に効率化するプラットフォームをクローズドβ版で数社に提供中です。
クローズドβですので、5記事まで無料でメディアのローカライズをお試し頂けます。

もしご興味を持って頂けた場合は、以下のフォームから問い合わせをお願いたします。

1営業日中に「Zoomによる30分間のサービスの紹介」のご連絡をさせていただきます。

参考記事

Q&A編集チーム
Price Sale 編集部
Price Saleのゲーム記事の編集チームです。ゲーム歴20年以上のベテランが集結しており、ゲーム雑誌への寄稿も10年近くづづけているメンバーやeゲーム大会の上位入賞経験のあるメンバーが在籍しています。スマートフォンゲームや、PCゲームに関するご質問に何でもわかりやすく回答します!いま一番欲しいスマホは「ASUS ROG Phone 5」 です!