質問
マーケティング・コンテンツや、資料の翻訳をエージェントに依頼する際に重要な6つのポイントや依頼をするときに参考資料を共有する必要性について解説します。

マーケティング翻訳とは?

インターネットによって、世界への情報発信が劇的にやりやすくなりました。これにより、自社のサービスや製品を海外の顧客にアピールしたり、海外の投資家への説明資料を翻訳する機会は確実に増えています。

マーケティング翻訳する際、外部翻訳エージェントにサポートしてもらうことがあると思います。この記事では、マーケティング翻訳を依頼する際に重要なポイントを紹介します。

マーケティング翻訳に大切なこと

マーケティングやIRの資料などの多言語化はますますに重要になっています。マーケティング翻訳では、日本語をただ翻訳するだけでは不十分です

外国の顧客に「伝えたいことが正確に伝わる」、「御社のサービス・製品の魅力を感じてもらう、共感してもらう」ことが重要です。そのためには、製品やサービスの特徴を正しく理解し、かつターゲット地域・言語の商習慣、法律、文化、経済状況などを深く理解している必要があります。

翻訳エージェントを選定するポイント

これまでの経験から、翻訳エージェントを選定する際には最初に以下のポイントをヒアリングしています。

  • 文章の意味とともにその背景をコミュニケーションできるか?
  • ターゲット地域・言語 (商習慣や法律、文化、経済状況など)の理解が深いか
  • 翻訳に関する経験・スキル・センス
  • 納期に柔軟に対応できるか?急ぎの対応が可能か?
  • 依頼する翻訳の分量に対応ができるキャパシティがあるか?

上記に加えて、これまでの翻訳エージェントさんとのお仕事の経験から大切だと感じているポイントを紹介していきます。

1. 顧客とのコミュニケーションを重視しているか?

良い翻訳・ローカライズのためには、翻訳会社の担当者とのコミュニケーションは欠かせません。顧客の商品・サービスへの理解はもちろんですが、ターゲット地域、言語のユーザーへの理解も不可欠です

  • ローカライズの目的、ゴール、用途は何か?
  • ターゲットとなる読者のペルソナは何か?
  • ターゲットの年齢層、性別、所得レンジは?

翻訳対象のコンテンツに応じて、翻訳前にできるだけ細かく確認しておく必要があります。顧客とのコミュニケーションをしっかりとって、顧客への理解に努めているかはローカライズにとても大切なポイントの一つです。

2. マーケティング分野の翻訳の経験値は?

翻訳の依頼先に初めて依頼する際には、マーケティングやIRの資料の翻訳を得意としているか、これまでの経験をしっかりと確認するようにしましょう。

マーケティング翻訳では、商品・サービスの魅力を訴求でき、消費者の購買意欲を高めることが求められます。ターゲットの属性や年齢などに合わせて文章の言い回しや語句を変え、魅力的なキャッチコピーをつけられるかがビジネスの成功のために大切です。

マーケティングの専門知識、マーケティング翻訳の実績を持つエージェントに依頼することが大切です。

3. ターゲット言語でのSEOを熟知しているか?

オウンドメディアなどで集客を狙う場合、Googleや現地で使われている検索エンジンに適切に評価されて、検索順位の上位を獲得することが大切です。自然で読みやすく、ユーザーにとって有益なコンテンツが検索エンジンに評価されます。

オウンドメディアなどWebコンテンツの集客の実績があるか、過去にローカライズしたコンテンツでの検索順位などをしっかり確認してえらぶようにしましょう。

4. 専門知識と調査力を期待通りか?

マーケティングやIRの資料の翻訳では、ターゲットの市場や製品・サービス、技術について知識を有しているか、必要に応じて調査を進めることができるかが重要です。ターゲットとなる地域には、どのようなアプローチが効果的かを提案してもらえるエージェントを選ぶようにしましょう。

5. 品質の担保がどのように行われているか?

納品スピードとコストとともに、品質についても重要視すべきです。品質が伴わなければブランドや商品、サービスの本質的な価値を毀損する結果になるからです。依頼する分野や業界のマーケティング翻訳実績があるのか、サンプルや実際に翻訳した資料、Webページを見せてもらうようにしましょう。

6. 業界基準の翻訳コストとマッチしているか?

日本翻訳連盟(JTF)が、翻訳料金の相場となる指標を掲載しています。


出典: 翻訳料金の目安 | 日本翻訳連盟加盟企業の翻訳料金

この翻訳料金が業界基準となっていますので、適正な料金のエージェントを選ぶようにしましょう

翻訳を依頼するときに大切なこと

ユーザーの共感を得られる文章にローカライズするためには、商品やサービス、ブランドとしての背景やストーリーが重要となります。ブランドイメージや、商品が生まれた経緯、サービスを作った理由を加味しなければ適切な文章を作ることはできません

参考となる資料は可能な限り共有すること、合わせて翻訳者とのコミュニケーションを増やすことで、翻訳する側が意図や背景を理解しやすくなります。翻訳者の理解が深まれば深まるほど、ローカライズによって生まれた文章が顧客やユーザーの共感を生むでしょう。

「ローカライズ」でビジネスの勝機をつかもう

多言語オウンドメディアは、世界中の潜在顧客に認知獲得やファン育成まで、すべてのフェーズで顧客とのつながりの強化できます。外国語のオウンドメディアを介して、あなたのサービスや商品の魅力を伝えていきましょう。

弊社ではオウンドメディアのローカライズを支援するクラウドプラットフォームをクローズドβ版で数社に提供中です。クローズドβ期間中限定で、5記事まで無料でメディアのローカライズをお試し頂けます。

もしご興味を持って頂けた場合は、以下のフォームから問い合わせをお願いたします。

1営業日中に「Zoomによる30分間のサービスの紹介」のご連絡をさせていただきます。

参考サイト

Q&A編集チーム
Price Sale 編集部
Price Saleのゲーム記事の編集チームです。ゲーム歴20年以上のベテランが集結しており、ゲーム雑誌への寄稿も10年近くづづけているメンバーやeゲーム大会の上位入賞経験のあるメンバーが在籍しています。スマートフォンゲームや、PCゲームに関するご質問に何でもわかりやすく回答します!いま一番欲しいスマホは「ASUS ROG Phone 5」 です!